現在、サイトをリニューアルしています。

【ニューホライズン3年】Unit4/To Our Future Generations

この教科書をお持ちの方は、こちらのページをご覧ください。

ニューホライズン3年 Unit4/To Our Future Generationsの和訳とQ&Aの解答例のページです。学校で習う表現と違う場合がありますので参考程度に見てください。

【Unit4】To Our Future Generations

単語

単語は複数意味がある場合がありますが、この単元での使い方をメインにせています。

冠:冠詞 名:名詞 代:代名詞 動:動詞 助:助動詞 形:形容詞 副:副詞 前:前置詞 接:接続詞 間:間投詞

Part1

generation(s) 世代、同時代の人々
emergency 緊急事態、非常時
fire 火事、火災
earthquake 地震
cover …を覆う
head 頭、頭部
until …するまで(ずっと)
protect …を保護する、守る
in case of …の場合には

Part2

necessary 必要な
prepare 準備をする
past 過去
mind
at any time いつなんどき
keep … in mind …を心にとめておく

Part3

closely じっと、一心に
tear(s)
maker 製作者
wonder(ed) …だろうかと思う、…か知りたいと思う
craftsperson 職人
in tears 涙を流して
come up with …を思いつく

Part4

though …だけれども
create(d) …をつくり出す
tender やさしい
heal …をいやす
musician(s) 演奏家、音楽家
concert(s) 演奏会、コンサート
pass around …を順々に回す
as of …現在で
millions of 何百万の…、無数の…
not only… but also~ …だけでなく〜もまた
pass on …を伝える




Part1(Starting Out)

外国人の生徒に配られた、避難訓練についてのお知らせのプリントです。緊急事態が起きたとき、この学校ではどうすればよいのでしょうか。

今週の避難訓練

あなたは緊急事態に何をすべきか知っていますか。

火事の場合は、外へ出なさい。 速く歩きなさい。 走ってはいけません。

地震の場合は、最初にあなたの頭をおおいなさい。 それ(地震)が止むまで、安全な場所で待ちなさい。

あなた自身の身の守り方を学びなさい。

Part2(Dialog)

地震の経験の少ないリカルドが、咲と災害について話しています。咲が重要だと思っているのは、どんなことでしょうか。

[chat face=”man1″ name=”リカルド” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]ぼくにとって大地震を想像することは難しいです。

[chat face=”woman1″ name=”咲” align=”right” border=”none” bg=”gray” style=””]でも、いつなんどき起きるかもしれないわよ。

[chat face=”man1″ name=”リカルド” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]確かに。だから、ぼくたちにとって災害に備えることは必要なんだね。

[chat face=”woman1″ name=”咲” align=”right” border=”none” bg=”gray” style=””]ええ。それに私は過去のことを心にとめておくことが大切だと思うの。

[chat face=”man1″ name=”リカルド” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]どういう意味かな?

[chat face=”woman1″ name=”咲” align=”right” border=”none” bg=”gray” style=””]じゃあ、あなたにある話をするね。

Part3(Read and Think ①)

咲は、新聞で読んだあるバイオリンの話を、リカルドに伝えることにしました。どんなバイオリンなのでしょうか。

2012年3月11日に、陸前高田市で特別なバイオリンの演奏がありました。

聴衆はそのバイオリンの音をじっと聞きました。

何人かの人々は涙を流していました。

そこにいるすべての人にとって、そのバイオリンはとても特別でした。

そのバイオリンは有名なバイオリン製作者である中澤宗幸むねゆきさんによって作られました。

2011年に地震が日本をおそった後、彼は職人としてどうすれば手助けをできるだろうと思いました。

そこで彼はある考えを思いつきました。

それは災害による流木からバイオリンを作るということでした。

[box04 title=”Q&Aの解答例”]

1Q.その演奏は2011年に行われましたか。

A.No, it wasn’t.(いいえ、行われませんでした。)

2Q.だれがそのバイオリンを作りましたか。

A.The violin was made by Nakazawa Muneyuki, a famous violin maker.
(有名なバイオリン製作者の中澤宗幸さんによって作られました。)

3Q.そのバイオリンは何で作られましたか。

A.It was made from driftwood from the disaster.
(それは災害による流木から作られました。)

[/box04]



Part4(Read and Think ②)

咲の話の続きです。バイオリンはその後どうなっているのでしょうか。

流木からバイオリンを作ることは簡単ではありませんでしたが、中澤さんはいくつかの美しいバイオリンを作りだしました。

それらのバイオリンは人々をいやす力をもったやさしい音をしています。

それらは多くの演奏家たちに順々に回されました。

2014年の1月現在で、200人以上の演奏家たちがそれらのバイオリンを弾きました。

日本国内だけでなく、世界中でもまた、何百万の人々が演奏会やテレビでそれらを聞きました。

中澤さんは、「私はわたしたちの未来の世代にもそのバイオリンを弾いてほしい。」と言いました。

「私は彼らにその記憶を伝えていってほしいのです。」

[box04 title=”Q&Aの解答例”]

1Q.流木からバイオリンを作ることは簡単でしたか。

A.No, it wasn’t.(いいえ、簡単ではありませんでした。)

2Q.何人の人々がそのバイオリンを聞きましたか。

A.Millions of people have.(何百万もの人々が聞きました。)

3Q.中澤さんの願いは何ですか。

A.He wants our future generations to play the violins and pass on the memories.
(彼は未来の世代にそのバイオリンを演奏し、その記憶を伝えてほしいと思っています。)

[/box04]

関連記事