ニュークラウン2年

【ニュークラウン2年】Let’s Read2/Landmines and Aki Ra【和訳】

【Let’s Read2】Landmines and Aki Ra【和訳】

学校で習う表現と違う場合がありますので参考程度に見てください。

本文の和訳

カンボジアでは20世紀後半の約20年間、戦争が続き、子どもたちは多くの困難を経験しました。ここで紹介するアキラさんもそんな子どもの1人でした。彼はどんな体験をしたのでしょうか。また、それらの体験を何に結びつけていったのでしょうか。

地雷とアキラ(アキ・ラー)

p112

私の名前はアキラ(アキ・ラー)です。私はカンボジア出身です。

1973年ごろに生まれました。

子どものとき、私は兵士になるように強制されました。

10年間、他の子どもたちとジャングルで暮らしました。

私たちは戦わなければなりませんでした。

また、私たちは地雷を埋めました。

多くの人が死にました。多くの人が傷つきました。

これが私の人生でした。

私には選択肢がありませんでした。

私は、子どもたちはみんなこのように生きるのだと考えていました。

私が20歳の時に戦争が終わりました。私の人生が変わりました。




p113

私はジャングルを去りました。

初めて、私はトイレを使いました。

私は明るい光や大都会に驚きました。

私はたくさんの国から来た人たちに会う機会がありました。

彼らは多くの異なる生き方をしていました。

私は、自分の人生において、自分で選ぶことができるのだと学びました。

私はカンボジアの人のために何かをすること、そしてカンボジア中の地雷を撤去することを決めました。




p114

ある日牛車が地雷に当たりました。

動物たちと二人の大人は死にましたが、野原は静かではありませんでした。

赤ちゃんが泣きました。彼女の周り中に地雷がありました。

村の人たちは野原に入っていくことができませんでした。

彼らは3日間、私を探しました。

私が村に着いたとき、野原は静かでした。

赤ちゃんはどうなったのでしょうか。

私は道と牛車の間の地雷を除去しました。私は野原を進んでいきました。

ついに、私は赤ちゃんのところに着きました。

私は彼女を抱き上げました。

彼女は泣きました。彼女は生きていたのです!

p115

このような出来事に私は深く心を動かされました。

だから、私は地雷博物館を開きました。

地雷博物館はカンボジアの歴史と地雷の危険について世界に教えています。

今だにカンボジアや他の国にはたくさんの地雷が埋められています。

地雷のない世界、平和な世界、未来のために一緒に働きましょう。




Read and Think Aの解答例

1の解答例

赤ちゃんの救助(p114)ジャングルを離れてからのこと(p113)子供の頃のアキラさん(p112)地雷博物館(p115)ある地雷による事故(p114)




2の解答例

(1)ジャングルで暮らし、戦い、地面に地雷を埋めていた
(2)戦争が終わった
(3)初めてトイレを使ったり、多くの人に出会ったことで、自分の人生は自分で選んでよいことを知った
(4)動物と大人が2人亡くなった。また、赤ちゃんの周りに地雷があり、容易に助けることができなかった。
(5)カンボジアの歴史と地雷の危険について世界に教える博物館

おすすめ無料アプリ
  • 【新作】コトダマン ‐ 共闘ことばRPG

    ことば」で闘う新感覚RPG! 文字の精霊「コトダマン」を組み合わせて 「ことば」をつくって攻撃しよう! できたことばの数や長さでダメージが変化!
  • Winning Eleven 2019

    Winning Eleven 2019の最新試合エンジンを完全移植。 8,000を超える選手アニメーション、チーム固有の戦術、1対1の緊張感もすべてそのまま。 リアルなボール挙動と共に、これまで以上に熱い対戦を楽しめます。 選手には新たなスキルやプレースタイル、ゴールセレブレーションも追加され、さらに個性が際立ちます。
  • スクールガールストライカーズ 2

    “お気に入りの女の子”を見つけて 自分だけの「オリジナルチーム」を作ろう! 目指せ!頼れる隊長さん!